ブログ

14日目:ちょこっと宣伝

他自治体のイイトコロをマネしながら、文京区の中でも自然と触れ合える子育てができないものかと理想を胸に抱きながら、北海道の最北端におります。
もうちょっと先に行くと、サハリンですね。
知りませんでしたが、船でもロシアへ渡れるようです。

宣伝

ちょっと宣伝ですが、政治山という媒体に新人議員特集としてたかはまも掲載されています。
【新人議員特集】候補者たちはなぜ地域政党を選んだのか
国政政党に属さない地方議員の皆さんの熱い思い、ぜひ見てみてください。
高浜のコメント、一部引用

地域政党で実現したいこと
国政の動向を忖度せずに地域に根ざした課題解決に専念できるのが、地域政党の強みだと考えています。文京区では私は一人会派で孤軍奮闘していますが、孤立無援ではありません。ぶつかる壁を豊富な経験で超えさせてくれる先輩、自治体を飛び越えて切磋琢磨しあえる若手議員が一緒です。地域政党ならではのフットワークの軽さで、他自治体のイイトコロをマネしながら、この大好きな文京区をもっともっと素敵な「まち」として次の世代に引き継いでいきます。

【新人議員特集】候補者たちはなぜ地域政党を選んだのか

荒れる北海道

温帯低気圧に変わった雲の影響で、最北端稚内はとても寒いです。
日中の気温が16度くらい。念の為持ってきた長袖が、大活躍です。
予定していた見学を一部キャンセルして、ゆとりを持ったスケジュールに変更予定です。


2019夏のまど@北海道

子どもたちを連れて、家族の時間も大切にしながら
ノマドワークの旅、毎年恒例「夏のまど」に出発!

今年のテーマは防災と子育て

今年は、「震災遺構から学ぶ」、「自然とともに子育て」を
テーマに、車で北海道を移動しながら、各地を視察しています。
ちなみに、文京区議会議員の仕事の一環として過ごしていますが、
区議に支給されている政務活動費は、この期間中1円たりとも使用していません。

これまでの夏のまど

2015年から毎年8月は、家族とともに東京を離れて旅をしながら仕事をしています。

  • 2015年、熊本県・鹿児島県
    大野勝彦美術館、知覧特攻平和会館
  • 2016年、四国一周
    お遍路、うどん巡礼、よさこい
  • 2017年、島根県津和野町・広島県
    文京区との姉妹都市津和野町、原爆平和記念式典
  • 2018年、宮城県気仙沼市・岩手県盛岡市・紫波町・遠野市
    NPO法人ピースジャム、遠野のわらべうた、OGALプロジェクト
PAGE TOP