ブログ

14日目:妻、家路へ。<広島県広島市→広島県竹原市>

絵本の引き出し 林明子さん原画展

あの絵と一緒に写真が取れる!・・・と興奮しているのは親だけ

今回の旅で妻が唯一行きたいと言っていたのがここ、
絵本作家の林明子さん原画展。
「おつきさまこんばんは」、「おふろだいすき」、「こんとあき」など、
数々の名作を生み出してきた有名な作家さんです。

知っている作品の原画を目にすると、やっぱり嬉しいものですね。
子どもの目線で何度も書き直されたラフ絵も展示してあり、苦心されている様子が伝わってきました。
僕は、絵の展示そのものよりも、この作品を作った当時の林さんの思いや
ウラ話が隣に書いてあるのが興味深かったですね。
「この絵は、甥っ子をそのままモデルにしたのよ」なんて。

あまりにもベタですが、林さんの作品が、ますます好きになりました。

妻を空港へ

明日は月曜日。
会社員として頑張ってくれている妻の休日は今日までなので、
先に彼女と、次女はなちが東京に帰ります。

保安検査場で別れ、展望デッキから見送るのは、やっぱり寂しいですねぇ。
長女なんちゃんと僕と、二人でシュンとしながら見送っていました。

飛び立ってからは、少し離れた竹原市のコインランドリーで洗濯をして、
スーパーで夕食を買い込んで、車の中で食べて、話して、寝ました。
明日からの一日が、もっともっと楽しくなりますように。

第三章、父娘二人旅

妻久美子と、次女はなちが先に東京へ帰りました。
長女は空港で寂しくなって大泣きするかなーと思っていましたが、
なんとか持ちこたえ、寝る前にグズグズ言いながらも
ぐっすり眠ってくれました。

さて、今は広島。
これからどこ行こう。
どこに行くのも、帰るのも、
完全に自由な旅が始まりました。

なんちゃんの行きたいところを中心にして、
行き当たりばったりの旅を続けていきます。

2017年今年の夏休みは「津和野へ、忍びの旅」

学生時代から休みのたびに各地を渡り歩いてきた僕は、
結婚してからもやっぱり旅が大好きで、2013年から毎年8月には家族で長期の休みを取って旅をしています。

2013年北海道一周車の旅(道中長女一歳に)
2014年沖縄一周車の旅(毒ウミウシ捕獲)
2015年紀伊半島パンダを見る車中泊の旅
2016年四国一周車中泊の旅(4人家族で初)

そして、2017年は山陰地方の目指すは島根県津和野町です。
文京区にできた津和野町の観光案内所「T-space」と知り合ったご縁で津和野町を目指すことにしました。
とはいえ、「目的地」がないのが旅と旅行の違い、強いて言うなら、家が目的地。
帰宅するまでに、たくさん笑って、たくさん学んで、たくさん食べます。

いまここナウ!

試験的に、旅行期間中に限り現在位置を公開しています。

現在位置を見る

PAGE TOP