ブログ

17日目、睡眠薬強盗

宿に戻ってからから14時間後に目が覚めた。起きてみる。床が渦巻いている。初めて、なにかヤバイ薬を飲まされたと確信した。睡眠薬というより麻薬の類いかもしれない。
ふと昨日一緒だった友人のことが気になり、彼が滞在していた宿に行ってみる。予定では昨晩のフライトで帰国したはずだが…彼は寝ていた。意識を失っていたと表現した方が正しいかもしれない。揺すり起こして聞いてみると、カメラ、現金等全て盗まれており、何よりも昨晩の飛行機を逃していたのが問題だ。
彼はまだ起きられる状態になかったし、宿の人が病院に行く必要はないと言うので、任せて僕は町に出た。なんか酔っぱらったような妙な気分だ。
カーンという麻薬売りのオッサンと出会って町をうろついた。彼は日本語が堪能でいろいろと宿周辺を案内してくれる。「この店は危ない、あいつは詐欺師だ」などと教えてくれるのだが、既に彼自身が怪しいので説得力はない。あとから他の人に聞いた話では、半年間塀のなかにいて最近出てきたばかりだそうだ。彼には、麻薬やアヘンを吸うように強く勧められた。“幸せ”になれると言う。安かったしちょっと迷ってみたが、僕には信じてくれる家族と常に暖かく見守ってくれる友人がおり、本気で愛してくれる恋人までいる。今の僕には必要ないようだ。「次に来たときに買うよ。」彼と約束した。日本人らしい断り方だ。
・朝食
チャイRs2
・昼食
バナナ3本Rs2
チャイRs4
・夕食
エッグチキンロールRs22
チャイRs5
・宿泊
ASHOK、Rs150
・支出
映画Rs40
小銭入れRs20
下痢止め薬Rs15
PCRs80
参考:Rs1(1ルピー)=およそ\1.8です。
つまり、Rs100を支払った場合、日本円で\200弱の
価値があるということです。
しかしながら、日本とは物価水準が大きく違うため、
感覚的にはRs100=\1000くらいと考えていただければ
現地人の価値に近づくと思います。
この旅日記は、高浜直樹が2008年の11月~
およそ1ヶ月間かけてインドを旅した記録です。
そのため、リアルタイムで旅をしている
わけではないことをご了承ください。

PAGE TOP