21日目、恐怖のニューデリーへ

言葉は通じないが半日以上狭い空間を共有していると自然と仲が良くなるもので、お互いの国について話し合った。「日本人は金持ちだが、仕事ばかりで人生を終えるので、皆インド人を羨ましく思っている」と、ちょっと大袈裟に言ってやったら満足げな顔をしていた。あながち嘘でもないが…。
昼前にニューデリーに到着。3日滞在することにした宿はちょっと高いが、旅の終わりも近いので贅沢のつもりで決めた。一泊600円。
荷物を置いてからはいつものように町をブラブラ。どうしてかわからないが、ずっと買いたいと思っていたラピスラズリを購入。くだものもどっさり購入。
ガイドブックに乗っていたオクラ丼がメチャクチャ美味かったのでおかわりした。明日にでもまた食べたい。
夕方のうちに部屋にもどってさっとシャワーを浴びて酒を飲む…はずが、ちょうどシャンプーを頭につけたところでお湯が止まった。狼狽しているうちに水も止まった。初めに呼んだスタッフは、「ポンプのスイッチを入れるから30分だけ待ってくださいサー」と言った。40分後に呼んだときは、別のスタッフが「マキシマム10分ですサー」と言った。その間ずっと裸。蛇口を開けっぱなしで30分待ったが反応はなし。呼ぶ度に別のスタッフが来る。3人目はとうとう「明日の朝にしてくださいサー」と言い出したもんだから怒った。何て怒ったか覚えてはいないが、とにかく英語で怒鳴りまくった。
10分後、水が出て、しばらくしてからお湯が出た。これがインドだ。
・朝食
サンドウィッチRs0
・昼食
オクラ丼Rs80
・夕食
果物Rs90
・宿泊
SHIVAM、Rs300
・支出
ラージダーニエクスプレスでチップRs50
参考:Rs1(1ルピー)=およそ\1.8です。
つまり、Rs100を支払った場合、日本円で\200弱の
価値があるということです。
しかしながら、日本とは物価水準が大きく違うため、
感覚的にはRs100=\1000くらいと考えていただければ
現地人の価値に近づくと思います。
この旅日記は、高浜直樹が2008年の11月~
およそ1ヶ月間かけてインドを旅した記録です。
そのため、リアルタイムで旅をしている
わけではないことをご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連絡はこちらから

つながる