<31日目(9月15日)快晴、イタリア・ローマ>

朝起きて急いで朝食を済ませ、ヴァティカン市国に行く。
宿からは南へ一直線に5kmほどなので非常にわかりやすい。
こういうとき、つくづく自転車で良かったなぁと思う。
ツリーハウス職人高浜 直樹の旅日記
「市国」といっても別にパスポートの提示は求められないし、
国境もどこからだかよく分からない。
周囲にはあちらこちらで“本物”の
グッチや“コーチ”のバッグを
路上で売っている男たちがおり、
思っていたよりもずっと治安が悪そうである。
昨日松本君に言われていたように、
まだ朝方なのにものすごい人だかり。
中央にあるサンピエトロ寺院に入るために、
すごい数の人がじっと並んで待っている。
列は500m以上あるのではないだろうか。
どうしても時々隙間が開いてしまい、
そのたびに割り込みをする人がいるせいで
いくつも支流ができてしまっていた。
一番“いい”列に並び、それでも
30分ほど待ってからやっと建物の中(=クーポラ)に入ることができた。
何段だか忘れたが非常に多くの階段を上り、
クーポラに出ると風がとても心地よかった。
上からはこの国が一望できる。
あちこちで情報を得ていたが、
それでもヴァティカンは想像以上に小さい。
ここを国だと宣言するのにはかなり無理があるなぁと思う。
ツリーハウス職人高浜 直樹の旅日記
昼時になり、ピッツァを食べる。
ここのところ食後の胃もたれがひどい。
旅を始めてからずっと脂っこい食事ばかり続けていたので、
かなり胃に負担がかかってしまったようだ。
ツリーハウス職人高浜 直樹の旅日記
ヴァティカン博物館に入るにも1時間くらい並んだ。
やっと入ったときには閉館まで2時間を切っており、
急ぎ足で回ることを余儀なくされてしまう。
ツリーハウス職人高浜 直樹の旅日記
楽園追放等色々な絵画、それも有名なものばかりを
スタンプラリーのようにどんどん回っていく。
一ヶ月前も日記で描いたが、美術には興味がない。
それだからこそ、知ったような顔をして有名な絵をじっくり見たかった。
ほぼすべて見終える頃には既に閉館時間を過ぎていた。
コワモテの警備員のおっさんに
「出ていけ」というジェスチャーをされて急いで出口へ向かう。
ツリーハウス職人高浜 直樹の旅日記
日本とはお客様に対する態度がぜんぜん違う。
たったそれだけなのに、ちょっと悲しい気分になった。
手帳を見て、もうすぐ日本に帰れると実感した。
安心した。
できるだけ大きなスーパーを探すために、適当に郊外へ向かって走る。
5kmほど行くと、見つけることができた。
でかい。
地元のスーパーの2倍はあり、
ちょっと嬉しくなっていたのだが、
実は地下も売り場になっていて驚いた。
子供が迷子になったが最後、もう見つからない。
自宅へのお土産にオリーブオイルやお菓子を買い、
長距離を頑張って走った自分へのご褒美に、とアイスを買って町へ向かう。
たった5kmなのだからヴァティカン市国のほうに戻ればよいのだが、
自分の勘を信じて宿へ直接向かうことにした。
吉と出るか凶と出るか・・・・そんなことを考えながら、走ること数km。
この旅で学んだことは、海外で迷うと、本当に怖い!ということである。
泣きそうになる自分に耐えながら地図を広げると、持った手が振るえる。
近くにいるイタリア人に聞いてみても、
(お前がいるのはこの地図の外だよ)的なことをあっさり言われてしまう。
今日が旅の最終日。
この日だけは観光をしようと思っていたのに。
情けない気分でひたすら北に向かって走り続ける。
描き忘れたが、お土産などを調子に乗って買いすぎてしまった。
10kgはある。
すれ違う人ごとに道を聞きまくり、
やっと宿の場所を知っているおじいさんに会うことができた。
遠回りにはなってしまったが、
どうにかこうにか町に戻ってくることができた。
詳細はもう思い出したくない。
買ったアイスは液体になってしまった。
ツリーハウス職人高浜 直樹の旅日記
そんなわけで疲れているのだが、追い討ちをかけるように
「空港では箱が手に入らない」ということを知らされた。
迷っていたときより、さらに絶望的な気分になった。
それ以上に、どうにでもなれ、という気分になっていた。
ダメもとで、段ボールを探して街をうろつく。
宿を出て5分走ったところで奇跡が起きた。
自転車屋があり、店の人が今まさに
新品の自転車を箱から出していたのだ。
すかさず譲ってくれないか、と交渉を試みる。
いつものように英語はまったく通じない。
それでも、彼は笑って親指を立ててくれた。
ツリーハウス職人高浜 直樹の旅日記
荷造りをし、松本君とイアンというアメリカ人とワインを飲む。
疲れた。
困難なことはたくさんあるが、全て何とかなる気がした。
走行距離
23.43Km
合計走行距離
1989.64Km
平均時速
15.7Km/h
最高時速
48.8Km/h

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連絡はこちらから

つながる