カレンダーは真っ白だけど詰まった一日

新型コロナ禍の今、議員のテレワーク。

新型コロナで人との接触を極力避けたい今日この頃、私はテレワークを、しかもできるだけ子どもと一緒にできるよう試行しています。
文京区議会は会派ごとに議員控室を用意していて、区の担当者と打ち合わせをしたり、区民の皆様の相談を受けたり、委員会や議会の準備をしたりすることができるのですが、今は用がない限りは極力登庁せずに、自宅やカフェで仕事をするようにしています。

決まったスケジュールがないとどんどん予定が入る

とはいえ、どうしても対面で話し合う必要があったり、資料を使って調査する場合は、区役所に登庁する必要があります。
今日は、スケジュールが白紙だったので11月定例議会の委員会質問に向けて内容を準備しようとしていたのですが、
政務活動費の報告、娘の幼稚園お迎え、区の職員さんとのやり取り、地域パトロール、子育て会議傍聴、文京区のワクチンについての調査などなど、結局あっという間にスケジュールが埋まり、役所と地元をいったり来たりの一日でした。

たかはまなおきの公開カレンダー

そんな私のスケジュールですが、WEBで公開しています。
個人的な相談や家族の都合、経営している文京子育て不動産のことなんかが反映されていないのですが、参考に(なんの?)していただければ幸いです。

今日のひとことレポート

文京区議会のこと

18時半から20時半まで、文京区子ども子育て会議が開催されました。
学識経験者、業界・子育て団体代表、そして区民委員と区の職員から構成されている会議体です。

私も2年間公募委員を務めさせていただき、これが待機児童問題の深刻さや、体系だった子育て政策に関心が行くようになり、議員として尽くしていくことを決意するに至ったきっかけの一つとなりました。

地域のこと

何度か紹介していますが、運営しているLINEの匿名グループ「文京子育てほっとライン」で、区に要望したいよねと議論していた区の課題がありました。
それが、現在コロナ対策で予約制となっている子育て広場が、区民が週に一回しか使えないという点です。確かに、私も慎重すぎるのかな、一方で、多くの方が使えるようにするにはやむを得ない現場の判断なのかなと思っていましたが、
上に記載した子ども子育て会議に参加されている方が、取り上げてくださいました。

後から伺ったところ、文京子育てほっとラインに参加してくださっている方だということでした。
感動して、震えました。
誰かのちょっとした要望を、改善すべき課題として区に届けてくれる人がいた。
文京区の職員さんは、真剣に受け止めてくださっていました。
この議論は、今後の子ども子育て支援調査特別委員会で拾い上げ、継続的に区と議論していきたいと思います。

自分のこと

仕事の合間に、息子てんてんを車に乗せて、区内を1時間ほどパトロールしていました。
すると、毎年恒例の昭和小学校による交通安全パレードが目の前に!
車を駐車場に停め、息子てんてんを肩車してパレードを見物しました。

鼓笛隊のお姉さん、お兄さん、そして、彼のあこがれの白バイ!
感動しすぎて、終始無言の息子なのでした。

お知らせ

文京子育てほっとライン

コミュニティ「文京子育てほっとライン」には、もう入りましたか?
ラインから簡単に文京区の子育て仲間800人と繋がれます!

公式LINEアカウント

たかはまなおきの「ここだけの話」は、こちら

youtube

文京区議会「ぶんきょう子育て.ネット控室」から、最新の文京区政情報を配信!
若干さぼりがちですが、試行錯誤しながら更新してきます!
たかはまなおきチャンネル

コメントは利用できません。