ブログ

居場所づくりって、なに?【66/100】

不動産屋さんとして、まちの面白がりとして、
この5年間で8か所の「居場所づくり」をしてきました。
文京区議会に働きかけて、ハコモノに頼らない
既存の空間を活かした場づくりを仕掛け続けていきます。

見切り発車が、面白いことになった!

一目見て、カフェ、教室、自習室、と色々な活用方法が思い浮かび
誰が運営するのか、何をするのか、未定のまま、
ここならみんなが喜ぶ場所になるに違いないと確信して、
「ぜひ、使わせてください!」と申し込んだのがたまご荘の始まりです。

地域の仲間と一緒に手探りで始め、2年たった今では
ネイルサロンやベビーマッサージから、フリーマーケット、
多世代ランチ会など、様々な活動が繰り広げられています。

千石たまご荘
東京都文京区千石4-41-3-2F

たまご荘公式ページ

みんなつながりを求めている

「みんな」場所を、人とつながるきっかけを求めているが、テーマがなく、
誰でも歓迎しますというようなところに集まりたいとは思えない。
だからこそ、個性的な場が多くできることでその人に合った「居場所」ができるのではないでしょうか。
千石たまご荘には、運営チームの人柄がにじみ出ているので、自然に人が集まってくるのだと感じます。

居場所ができると、仲間の輪が広がる

千石たまご荘ができたおかげで、お互いに暮らしを見守りあえる仲間の輪が広がり続けています。
この動きを文京区議会を通じて、世代を超えてつながれる文京区を目指します。
私は、人、まち、行政の仲介者である政治家として、空き家・店舗の有効活用を進めていきます。

千石たまご荘については、こちらでも紹介しています

PAGE TOP