ブログ

挙式と披露宴の打ち合わせ

こんばんは、クミコです。
先週末から結婚式関係の打ち合わせを2つ行いました。
まずは、学生さんと挙式やら概要の打ち合わせ。
彼女たちには、
挙式の介添えや会場作りだけでなく、
当日のヘアメイク、ブーケ作り、ウェルカムボードなどもお願いしています。
2月に大学の先生からもらった挙式の流れのプリントを学生さんにも配布。
ここの学生さんたち、本当に頼りになります!
何から手をつけたらよいのか分からない我々を、
本当にうまく誘導してくれます・・・。
迷ったら的確なアドバイスもくれますし。
前回の打ち合わせで決まったこと
1.ブーケ(作るとしたら):ラウンド型
 →ブーケの形のバリエーションの多さに驚きました。
でも、丸っこいのが一番可愛い感じがしたのでラウンドで。色は黄色系のバラ。
2.教会の飾り:リボン
 →お花をベンチに飾るか迷ったのですが、
通常の挙式会場よりもバージンロードの幅が狭くなりそうなので、ベンチの飾りはリボンのみにしました。
その代わり、リボンをゴージャスに結ぶことにしました。
祭壇が大きいので、大きめのお花を飾る予定です。
3.ウェルカムボード:手作りっぽい感じ
 →私たちが旅行好きなので日本地図に旅先での写真を貼る感じになるようです。
4.ヘアメイク:次回リハーサル
 →まだ全然決まってませんが、再来週にリハーサルしてきます。「新郎がますます惚れるような」感じにしてくれる、とのことなので期待が高まります。笑
・・・・他にも決めたような気がするのですが、とりあえずはそんな感じです。
続きまして。west53rdさんでの中間打ち合わせ
無事に招待状の発送を終えた状態で、中間打ち合わせです。
初回の打ち合わせからあっという間だったなぁ。
今回は何かを決めるというよりも、宿題を手渡された感じでした。
宿題:席次表の作成。招待客の名簿作り。招待客と引き出物のひも付け。
そして更に。披露宴中にかける曲を決める。(約20曲)
その後、記念写真と、会場のお花担当の人登場。
写真担当の女性の方は若干押しが弱く、ナオキに負かさている印象を受けました。
親族紹介後の集合写真だけはスナップ写真の延長ではなく、プロのカメラさんに撮ってもらおうかとナオキと検討中です。

そして。一番手ごわいのはお花担当の方でした。

ナオキと事前に、「披露宴会場の花はランクアップしないでいこう」と話をまとめていました。
もちろん私のそのつもりでした。
プランナーさんから「テーブルクロスの色も決めてくださいねー」と言われており、
この色がいいかなー、とか考えていたわけです。
そしてお花担当さんによって教えてもらうお値段の展開。
スタンダードなやつ(パックに含む)…花の色が白と緑
もうちょっといいやつ…1,2種類好きな色とお花の指定可能
もっといいやつ…フルオーダー
え、白と緑しか選べないのーーー?
さらに畳み掛けるお花担当さん
「皆さん、お好きなテーブルクロスを選ばれて、そのクロスに合うお花を決められてますよー」
それって。
セミorフルオーダーまっしぐらコースじゃないのよーーーー
ただ、クミコだって女の子です。ちょっとくらい夢見たいです。
とりあえず、担当さんに
「たとえば、このテーブルクロスだったら、どんな色が良いんですかね・・・?」と聞いてしまったり。
この間のナオキ、気が気じゃない。笑
しばらくドリーマーになった後、
ナオキの「俺の意見を言ってもいい?」の言葉で現実に引き戻されました。。。
「ブーケや振袖を目立たせたいので、飾りはシンプルなものにしようと思っています。
なので・・・

この白と緑のお花に合うテーブルクロスをお願いします。

この言葉で流れが一気に変わりました。笑
おかげさまでとりあえずテーブルクロスは若草色に決まりました。
実際にテーブルに掛けると、サンプルよりももっと白っぽいようです。
そしてその後、曲担当の方ともお話をし、
せっかくプロジェクター使うならがんばってエンドロールも作ったら?と、勧められ。
せっかくなので作ることにしました。
結構お安い値段で請け負ってくれる方がいらっしゃるようなので、
エンドロールそこにお願いすることにしました。
と、まぁ。
長々と書きましたが、結婚式の準備がいよいよ加速してきました。
席次表、誰をどこに配置するかすごく悩みそうです。

PAGE TOP