ブログ

【ナオキ】7日目(10/29)ハノイ泊

早起きには、慣れてきました。
(正確には、クミコが僕を起こすコツをつかんだようです)
2泊連泊なので、部屋の中はグッチャグッチャのまま、
ささっと朝食をとり、ロビーで待つ。
遅れてきたツアーバスに乗り、いざ出発。
15人くらい乗れるバスは、満員でハロン湾に向けて走り出した。
ジャイアンに似た体格のいい運転手は、
強引に前の車を追い抜きながら走り続ける。
ひっきりなしにクラクションを鳴らし、
センターラインも平気ではみ出して抜かしまくる。
乱暴運転でもかなわないのが睡眠不足で、
おきたらハロン湾に着いていた。
さすが、ベトナム一の景勝地、見渡す限り観光客だらけだ。
船着場まで3分ほど歩き、乗船。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ
小型ながら、“大航海時代”のようなどっしりとした船で
どうしてもワクワクしてしまう。
船が出て、15分ほど行くと、海の上に家が浮かんでいる。
ここは、海上の生簀になっていて、魚を売っている場所だ。
あからさまに観光客をターゲットにした商売なのだが
悔しいことに、どうしてもワクワクしてしまう。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ-シャコ
せっかく来たのだから、と、シャコ2匹と赤貝を購入した。
確か、500円くらいとられたと思う・・・。
高いだろなぁと思ってはいたが、本当に高くて困惑した。
昼食は、船の上で食べる。
先ほど購入した割高な海産物は、
船のコックさんにボイルしてもらった。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ
穏やかに晴れた日でよかった。
ゆったりゆったり揺れながら、絶対に
食べきれない量の料理が運ばれてきた。
僕は、エビばかり食べていた。
ハロン湾は、岩がいくつもそそり立っており、
水墨画で有名な中国の桂林に似ていると評されている。
どうしたらこのような地形になるのかは分からないが、
その中のひとつの島に上陸し、鍾乳洞を見学した。
何千年もかかって形成されたであろう立派な鍾乳石に
感動しつつも、いかにもアジアらしい、色とりどりの
原色のライトアップがちょっと残念に思えた。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ
3時間ほどのハロン湾クルーズが終わり、バスに戻る。
徐々に日も暮れていく中、ジャイアンは平気で飛ばしまくる。
途中、トイレ休憩があり、お土産屋さんに連れて行かれる。
行きにも寄ったのだが、ちょっとでも立ち止まって眺めていると、
どこからともなく店員が寄ってきて熱烈な説明を始めるから怖い。
集合時間にバスに戻っても扉は開かず、
どうしたものかと思っていたらジャイアンはフォーをすすっていた。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ
どっぷり暮れた夜道を、彼はメッタメタにぶっ飛ばす。
彼は3台の携帯電話を器用に使い分け、
ひっきりなしに誰かと通信しながら運転を続けていた。
あんなラフな運転でよく事故らないなぁ、と、
無事にバスを降りてから感心した。
街に戻ってから受けたマッサージは、
僕ら2人とも、男性が担当してくれた。
隣でパンツ一丁でマッサージを受けている
クミコが気がかり
で眠かったけど眠れなかった。

PAGE TOP