ブログ

【ナオキ】3日目(10/25)フエ泊

ちょっとのんびりめの8時ごろ起床。
(それでも僕にはかなりの苦痛でした。お昼まで寝ていたい…)
ささっと朝食を済ませ、ホテルの前からタクシーに乗る。
目的地は、甘党の僕が昨日からどうしても
行きたいと言っていたプリン屋さんだ。
カフェを併設しているが、夕方には閉まってしまうらしい。
ベトナム人の商売っ気の薄さが、僕は好きだ。
タクシーの運転手は、店の前まで案内してくれた。
2kmで、だいたい200円くらいだったかな。
2人でプリンとヨーグルト頼み、一個ずつ食べた。
素朴でありながら濃厚な味のするプリンは、とても気に入った。
僕はそのあと追加で2個食べた。
ホテルの朝食さえ食べなければ、あと3個はいけたのになぁ…。

結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ

午後は飛行機で移動なので、
正午にはホテルのロビーに戻っていなくてはいけない。
ホーチミンでの貴重な残り時間は、
その後もひたすら食べ歩いてすごした。
タクシー代をケチって、僕たちはひたすら歩き続けた。

プリン

カニ料理店のカニ炒め

バインセオ(お好み焼きのようなもの)専門店
12:30にギリギリ間に合って、ホテルに戻った。
ツアー会社の人が迎えに来てくれていて、
10人乗りくらいのバンで空港へ行き、
飛行機でベトナム中部の都市、「フエ」へ。
自分達で移動手段を確保して、自分達で移動する・・・・
航空券だけのバックパッカー旅だったら、
どんなにか苦労をしていただろう。
嫌々ながら、ツアーを選択していてよかった。
改めて、クミコ父に感謝。
ホーチミンと違ってこじんまりとしたフエのホテルは
とてもきれいで、再び、クミコ父に感謝。
ベッドの上に”welcome”って書いてあったり、
フルーツが山盛りに用意してあったり、なんかすごい。
「新婚旅行みたいだね!これで済ましたことにしちゃおうか!!」
…激しく相方にわき腹をつつかれました。
お詫び申し上げます。
日暮れ前、街に出る。
小さい町といっても、2泊しか泊まらないので
早いうちに町の様子を把握しておきたい。
ちょうど話しかけてきたシクロのおっちゃんと
話し合い、「1時間2ドル」で交渉成立。
大人2人を乗せたシクロはギシギシ音を出しながら
ゆっくりゆっくり、フエの町を流れていく。
新市街と旧市街を隔てる大きな橋を渡るとき、
さすがに力不足でおっちゃんはシクロを押し始めた。
大変な商売だなぁ、、、と思う。
最後に、ガイドブックに乗っていたフォー屋さんへ
連れて行ってもらう。
どう見ても、ガイドブックに乗っている場所とは違うが、
お腹がすいていたし、何より
おっちゃんがゼイゼイ言っていたので良しとした。
 代金は、楽しかった分多めに払った。
今までの1人旅では、
「舐められちゃたまらない、ぼったくられるわけにはいかない」と、
ケチケチしながら、時には本気でケンカしながらやってきたが
今回の旅みたいな、懐ばかり気にしない旅もいいなぁ、と思った。

結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ

フォーを食べた後、まだ少しだけお腹に余裕があったので、
地元のベトナム人でごった返している居酒屋に寄ってみた。
店の前にずらりと並んだバイク、みんな飲酒運転で帰るんだなぁ。
周りで飲んでいるベトナム人たちのテーブルの近くには、
どこもビールがケースごと置かれていた。
ベトナム人、けっこう飲むなぁ。
持ってきてくれた英語のメニューには
「カエルの炒め物」という文字が。
目の前で、激しく首を振っているクミコは無視をした。
話に聞いていたとおり、蛙は鶏肉のような
ササミに似たあっさりとした味で、とても食べやすかった。
下のほうにへばりついていたプルップルの
カエルの皮を食べるのにはさすがに抵抗があったが・・・。
相変わらず、たった一本のビールで陽気になり、
へらへら笑いながらホテルまで戻ってきた。
たまたまのぞいたホテル近くの服屋さんで、
酔った勢いも手伝って、僕はシルクのシャツ
クミコは、ベトナムの民族衣装「アオザイ」を一着ずつ頼んだ。
お店の人とのコミュニケーションは、もっぱら僕の担当だ。
「僕の担当」といっても、僕の英語はひどいモノで
I want to see this.
Can I try it on?
How much is this?
・・・これくらい話すのがやっとです。
海外に出るたびに、もう少し勉強しておくんだったなぁ・・・
と後悔してしまう。

結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ-kaeru
PAGE TOP