【クミコ】7日目(10/29)ハノイ泊

いよいよ、明日でベトナムもお別れ・・・
ナオキを必死に起こすのも明日でオシマイだ!!
と、思いながらこの日も策を練って、ナオキを起こす。
ハロン湾の良さについては、
ナオキが書いてくれたので詳細は省略します。
以下、気になってところだけ。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ-ハロン湾
ナオキが運転手さんをジャイアン呼ばわりしてから、
彼を直視できなくなりました。
確かに体もでかいけど、顔も丸顔でした。
彼のドライビングテクニックはすごかったです。
常に前の車を追い越す機会をうかがうなんて、
それどこのグランツーリスモ!?
とか思いながらも、普通に寝ました。
慣れって怖いですね☆
そして、ハロン湾の水上の家。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ-水上の家
旅行前にNHKの「世界遺産への招待状」を見ていたのだけど、
本当に水の上で生活していました。
犬飼ってる家がありました!
・・・どこ散歩するんだろう?
本来、魚などの水産物を売って生計を立てているみたいですが、
観光地化されていて、トゥーエクスペンシブです。
同じツアーだった韓国人の方が魚を買っていたので、
何気なく観察。
魚を生簀からあげて、
目方を量って、
料金を払って、
いざピチピチの魚をしめましょう、というとき。
日本だと包丁でさくっと切って、活け締めにするんだと思うんですが・・・
ベトナムは岩で魚を殴打してました。。。
その場面を見ていたカナダのお姉さんもあんぐり。
ちょっとかわいそうでした。
そしてライトアップされた鍾乳洞。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ-鍾乳洞
日原の鍾乳洞を考えていたので、
一瞬、鍾乳洞をペイントしているのかと思ってしまいました。
それくらい鮮やかなライトアップです。
ライトアップするよりも、
「洞窟」っぽさが出てるほうが私は好きなのになー。
ここで異文化を実感。
その後無事にハノイまで帰ってきて、
「キチキチ」というシンガポール発の鍋やさんへ。
結婚式まであと何日!?タカハマとタカハマの結婚準備ブログ
回転寿司みたいに鍋の具材が流れてくるシステムです。
ナオキと一緒に、ふっつーに肉団子いれたり、
春雨たべたり、肉団子たべたりしました。
締めにラーメンwith卵にする予定でした。
今回こそは、何事もなく食べ終えるかと思っていたんです。
ナオキが「卵おとそー」ってアヒルの卵を取ったので、
「私もー」って取りました。
そして卵を鍋に落とすべく、ナオキが卵を割った瞬間。
・・・なんか皮。厚くないか?
あれ、そういえば鶏卵じゃなくてアヒルだよね。
それって・・・
えぇ、ホビロンです。(爆)
もう、まさかここで遭遇するとは・・・!
うまくかわして逃げる予定だったのに!!!
さぁ、ここで問題なのが、
ホビロンは私の手元にもあるということ。
一度取ったものは、ターンテーブルに返せません。
・・・え、食べるの?
ラーメンと一緒にぐつぐつ。
見た目は、ちょっとゆでるの失敗したゆでたまご状態。
結論からいうと、
私には無理でした!!!
さすがにもったいないと思い、
よくある黄身と白身の部分だけ食べようと、箸を進めたところ。
取り皿の中の生物と、なぜか目が合う。
ちょ、顔!!くちばしとか出来てるから!!!
あまりにも見つめられすぎて戦意喪失しました;。
残りはというと、ずっとムービーを撮影していたスタッフが
美味しく食べてくれました。
スタッフ(=ナオキ)すげー。
私には到底真似できません。真似する気ありません。
お腹も膨れたあと、ガイドブックに載っているマッサージやさんへ。
もうこの頃からナオキと同じ部屋に通されるのは慣れっこになりました。
だがしかし!
着替える物を渡されて、着替えようとした瞬間に
お兄さん(従業員さん)が入ってきたときには、
内心大慌てでした。
「何かあったら言うんだよ」と言うナオキがちょっと面白かったです。
意外と心配性な子のようです。
「これでこの後、他のお客さん入ってきたら笑えるよねー」
と、思っていたら

本当にお客さん来ました。
しかもお兄さん。(爆)

なんつー国だよ、ベトナム。
ちょっとオープンすぎやしませんか?
トイレで着替えようか迷いましたが、
もう面倒くさかったのでそのまま着替えました。
でも、マッサージ自体は気持ちよかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連絡はこちらから

つながる