自転車圏内のみんなを守る、みどりーマン【54/100】

文京区非公認ご当地ヒーロー
「ヒロウヒーロー みどりーマン」の正体が僕だということは、内緒だゼ!

「ヒロウヒーロー みどりーマン」誕生秘話

2016年ごろです。
千石駅前で仕事をしているため、どうしても駅出口近辺に
タバコの吸い殻が落ちているのが気になっていました。
気になったとはいえ、普通にゴミを拾って回るのもなんだか面白みがない。
それだったら!

「いっそのこと、ごみを捨てる誰かさん」を敵ということにして、
それと戦い続けるヒーローがいたら面白いのではないか!?
ということで、安物のヒーローコスプレを買い込んで
拾う=「ヒロウヒーロー みどりーマン」の誕生です。

正体はバレないはずだった

正体は秘密で、だからこそ面白い。
と思っていたのですが・・・さすがは好奇心旺盛な地元の小学生。
質問攻めにあい、あとをつけられ、あっという間に正体がばれ、
近所の噂になってしまいました。

今となっては、普通に、「あ、たかはまさん。」と
呼ばれてしまうので、ちょっとガッカリな私です。

地元小学校の「クリーン大作戦」

実はわたくしみどりーマン、地元西丸町会の
地域美化担当「環境衛生部長」を担っておりまして
地元、駕籠町小学校の清掃ボランティアに呼ばれて参加してきました。

校長先生からのお話の後、
「それでは、地元の皆様にご挨拶をしましょう。回れ右!」という
懐かしいような号令とともに子どもたちが振り向くと、
私ことみどりーマンがいるわけです。

もう、児童たちみんな、ザワザワ、ザワザワ。
ところが、号令で回れ右をするときには、私語は厳禁なのですね。
体育会系な先生の声がスピーカーから
「やり直し!回れ右!」
振り向いたらヒーローがいるだなんて、だれも思わないよね。
小さなお友達のみんなに、とても申し訳ないことをしました。

そして、街頭「拾い」にGO!

少し暖かかったこともあって、長女なんちゃんと
一緒に、夕方から街頭ゴミ拾いに出かけました。
別に誰かに批判されたとか何かあったわけではないのですが、
先に言い訳しておくと、ゴミ拾いボランティアではなく、
「ゴミ拾いパフォーマンス」です。

このまちでは、ヒーローがゴミからまちを守っているんだぜ、
みんなでキレイなまちを作ろうぜ!
ゴミを捨てる悪人になるなよ!というメッセージを、
みどりーマンは届けに行くのです。

コメントは利用できません。