子どもたちのこと【56/100】

たかはま家には、3人の子どもたちがいます。
不動産屋さん、地域活動家(みどりーマン)、政治家と、
全ての活動を志す原点となっている、子どもたちをご紹介♪

長女:なんちゃん

来年から小学生になります。
天真爛漫な性格で、歌が大好き。
最近、僕が小学生のころから大ファンである
「ゆず」にはまっていて、毎朝熱唱しています。

意外なのが、『アウェー』な環境が苦手なところ。
既に盛り上がっている場や、友達関係が
出来上がっている会に参加するのはちょっと苦手なようです。

次女:はっち

お姉ちゃんと別の保育園に通っているはっちは、ひょうきんもの。
お姉ちゃんが大好きで、いつもチラチラと見ながら、真似っこしています。

このところ、鬼の物まねが見事です。
舌足らずに「おにだじょー!」と、脅してきます。
見かけたら、怖がってやってください。

いかにも2人目らしく、甘えるのが上手で、
嫌なことがあったときに言いつけるのも上手いこと!
「ねぇちゃんが、嫌なこと言ったの。」
・・・と、膝にちょこんと座って、親の同情を引いてきます。

長男:てんてん

てんてんは、まだ赤ちゃんなのでわかりませんが、
人の顔をじっと見て、喃語で話しかけるのが早い気がします。

発達が早くていつもチャキチャキしている、
お姉ちゃんに似ているかな。

「子育て」より「子、育て」

我が子を自分で抱えるように育てていくのではなく、
地域で世代を超えてつながり合って、
育っていく環境を作っていきたいと考えています。

学生のころ旅をしていたカンボジアで見かけた、
村の子どもたちが勝手に子どもたち同士で暮らしている・・・
とまでは言いませんが、都会の子育ては、
共有することで、もっと楽しくなるはずです。

都会の子育てをもっと楽しく、一緒に!

文京子育て不動産の、ミッションです^^

コメントは利用できません。