ブログ

明日から、本気出す。

大みそかから三が日と、政治活動はお休みにして、
今まで走ってきた活動を振り返りつつ、これからの準備をしました。
以下、ただの日記です。

今時エンスト

年末は、練馬の実家から車を借りて浦和の祖父母の家に立ち寄りつつ、相模湖の別荘に向かいます。
別荘といっても、ボロボロの状態で激安で購入した古屋で、車も置けないのでお隣のお寺さんに置かせていただいています。

ところが、浦和に向かっている最中にエンスト。
エンジンチェックランプが派手に点滅するわ、後ろから白煙が出るわ、明らかに致命的な様子でした。
相模湖手前の峠で止まってしまったら怖いので、中野の義実家に頼み込んで、車を貸してもらうことに。年末からお騒がせな一家ですm(__)m

相模湖ナキちゃんち

30,31,1日の朝まで、相模湖でゆるゆると過ごしました。
2階の「図書館」で遊んでいたり、庭に出て大根を抜いてきたり、子どもたちが勝手に遊んで、少し遠くからの笑い声を、とても幸せに聞いていました。

この年末年始は、政治と切り離して過ごすのだ。
なんて謎の決意をもって迎えましたが、結局のところ考えてしまうんです。
この先どんな境遇になっても、この子達の笑顔を絶やしてはいけない。
そのためには、政治の力で地域のすべての子どもたちが笑顔でいられるようにしていくことが必要だ。
そしてそして、あくまでも「手段」として政治家になると決めた以上、目的地は選挙で当選することで、だれに言い訳するでも恥じるでもなく、絶対に当選するためにこれからの時間を使っていくのだ。
なんて

年明けは、あちこち出歩く。

中野→西船→練馬

年明けは、上記の通り、各親せきをめぐってご挨拶。
僕の方も妻の方も、祖父母(つまり我が子から見てひいおばあちゃん)の家があるので、行くところがたくさんあります。
どこに行っても、3人のひ孫たちを祝福して迎え入れてくれるので、
心から、ありがたく思っています。
子どもが地域にいることは、親や子ども自身だけではなく、周りの幸せにもつながってくのだ、と、改めて気づかされました。

ららぽーと

翌2日は、特に行くところがなかったのと、
前日にエンストした実家の車を修理していたため、
試運転を兼ねてすこし遠出を・・・

三郷のららぽーとに行きました。
まだ年明け2日で、どんなに人がいないだろうなぁと思いながら向かったところがどっこい。
駐車場も満車になる勢いで、人がたくさん。
正月で行くところもない人たち(うちです)が、「初売り」の言葉に吸い寄せられるのだなぁとしみじみ。

トーマス!

きかんしゃトーマスブームが来ている、次女はっちにトーマスを見せてあげられたのがうれしいサプライズ♪

あ、鏡餅忘れてた。

3日には、千石で新年会(孫だけで9人いるので、全員集合で20名を超える大所帯)を行い、暗くなってから氏子の天祖神社にお参りをして、帰宅してみたら、そういえば鏡餅を飾るのを忘れていました。

なんだか、この先もバタバタとし続けそうなこの年明けです。
今年も、よろしくお願いいたします。
明日から、政治活動に全力で取り組みます。
まちで見かけたら、「おう!」と、一声よろしくお願いします。

PAGE TOP