ブログ

2日目:忍者村<神奈川県相模原市滞在>

ヒッチハイカーの「てっちゃん」を山中湖ヘ送る

朝から小雨。
こんな天気のなか、ヒッチハイクさせる訳にはいかないよねー、ということで、
目的地までわーーーーーぷ(笑)

本当は、車を乗り継いで行きたかったかもしれないけれど、てっちゃん、
初のヒッチハイクは彼の自宅から謎の一泊をはさんで山中湖の目的地まで送り届けられたのでした。

山中湖畔

江戸村ではなく、しのびの里

そうそう、ただ僕が良いやつだから送っていったわけではなく、
ちょうど山中湖近くにある忍野 しのびの里 に行きたかったわけ。

忍野 しのびの里
〒401-0511山梨県南都留郡忍野村忍草2845
0555-84-1122

いま、長女なんちゃんは忍者ブームで(昨年はアルプスのハイジブームだった)、
奥さんを置いていくのはどうかなぁと思っていたところ、てっちゃんを送っていくのが良い口実!

そんな忍野しのびの里、別に某江戸村ほどに江戸江戸しているわけではなく、
忍者修行がテーマの、子ども向け忍者テーマパークといったところ。
メインは、アスレチック遊具なので、所要時間は、子連れかどうかで大きく変わってくると思います。

うちはガッツリ、3時間ほど滞在しました。

「手裏剣って、縦に投げるんですか?一人何回投げて良いんですか?」
・・・なんて、他所の子に質問されながら。

うどん屋、「ちょうどいい所ねぇのかよ!」

そんなんで、13時半頃になってしのびの里を出ると、空腹のためみんな不機嫌(僕なんか特に)
吉田周辺はウドンが有名なので、どこかで食べられるだろ~と思っていたら、どこも14時まで。
慌てて食べログで調べた近くのうどん屋に行ってみると、どこも売り切れ、品切れ、店じまい。

大通り沿いの「ほうとう」とでかでかと書いてあるような団体客向けなお店には入りたくないしなぁ。
地元の人に愛されつつ、観光客を迎え入れてくれるちょうどいいうどん屋さん、意外にないもんだなぁ。
なんて勝手に愚痴りながら結局、街からちょっと離れた弁慶さんに入りました。

弁慶(べんけい)
TEL/0555-22-2358
住所/山梨県富士吉田市下吉田3-21-11
営業時間/9時30分~20時(ラストオーダー19時30分)
定休日/不定休、年末年始(電話にて要確認)

メニューをどうしようか迷っていたら、「取り分けりゃ良い」と店主が言ってくださったので、肉うどんセットの大盛りにしました。
薄め甘めの醤油味で、僕の好みとはちょっと違うものの、子どもたちは気に入って食べてくれました。
食べムラが激しい次女はなちが勝手につるつる食べてくれたのがありがたい限り。

子ども2人連れ旅、それなりに食べるとは言っても1歳と4歳併せても
大人一人前は食べられないので、取り分けさせていただけて助かりました。
これだけしか食べず、しかもゆっくりなので、30分も並ぶようなお店に入れなくて運が良かった^^

すごい雨だったのもあって、他のお客さんなしでゆったり

リニア、猿橋、ダイソー、で遅くなる。

ヒッチハイカー送って、忍者テーマパーク言って、ウドン食べたらもう、一日って終わるのね。
子連れ旅は、その合間合間におむつ交換、お茶補給(たいていどちらかがこぼす)
おやつ、酔った、ねんね、謎の不機嫌・・・が挟まってくるので、
大人がただ移動する倍も時間がかかってしまうわけです。

いやね、これは本日の反省と戒めなんです。
送って見学してメシで帰る一日なんて味気ないと思って、欲かいて
帰りがけリニア見学センターに入り、日本三奇橋猿橋を見て、
ダイソーでちょっと買物をしたらもう19時半。

山梨県立リニア見学センター
住所/〒402-0006山梨県都留市小形山2381
電話番号:0554-45-8121

しばらく走ると、国道20号線大渋滞。
「知ってたのに、しまった!」
雨に加えて、この日は相模湖の湖上花火大会だったのでした。
結構雨が降っていたのに、よく強行したなぁとハラハラしながら
(でも、麻の導火線がひょろっとでているんじゃないんだよね。)

帰宅したのが20時過ぎでしまい、今夜の夕食は、アンパンマンカレー。
ゴメンよ、娘たち。
明日早起きして、庭で雑草化しているトマトを収穫するとしよう。

スオーーーン!と結構な騒音。

2017年今年の夏休みは「津和野へ、忍びの旅」

学生時代から休みのたびに各地を渡り歩いてきた僕は、
結婚してからもやっぱり旅が大好きで、2013年から毎年8月には家族で長期の休みを取って旅をしています。

2013年北海道一周車の旅(道中長女一歳に)
2014年沖縄一周車の旅(毒ウミウシ捕獲)
2015年紀伊半島パンダを見る車中泊の旅
2016年四国一周車中泊の旅(4人家族で初)

そして、2017年は山陰地方の目指すは島根県津和野町です。
文京区にできた津和野町の観光案内所「T-space」と知り合ったご縁で津和野町を目指すことにしました。
とはいえ、「目的地」がないのが旅と旅行の違い、強いて言うなら、家が目的地。
帰宅するまでに、たくさん笑って、たくさん学んで、たくさん食べます。

いまここナウ!

試験的に、旅行期間中に限り現在位置を公開しています。

現在位置を見る

PAGE TOP