ブログ

3日目:ダム見学<神奈川県相模原市滞在>

宮ヶ瀬ダム

もうね、普通のご近所散歩ブログになってしまっていますが、相模湖ナキちゃんち
(相模湖自宅の名前です。googleで検索!)から車で30分ほど行った所にある、
ダムマニアの間では有名な、「宮ヶ瀬ダム」に初めていってきました。

宮ヶ瀬ダム(みやがせダム)
神奈川県愛甲郡愛川町半原と相模原市緑区青山、更に愛甲郡清川村宮ヶ瀬の3市町村に跨る、一級水系 相模川水系中津川に建設されたダムである。湖名は宮ヶ瀬湖(みやがせこ)。

ここは、定期的に観光放流(見せる目的でダムから放水する)を
することで知られており、今日がちょうどその日だったので、行ってくることに。
11時の放流開始に滑り込むと、100名ほどの見学者がワラワラと集まっていました。
時間ぴったりにゲートが開くと、ものすごい勢いで水が!!!
ダムから、水が!!!!!

・・・って、娘達全く興味ない。
あの、結構すごいんですけど。写真だけでも、一緒にとろう、ね。

期間限定で水力発電所の中も見られるんですけど・・・?
興味ない子どもたちを無理やり引っ張って、水力発電所も見学させていただきました。

服部牧場

そんなダム、冒険広場を後にして帰ろうとすると、神奈川県で唯一という
観光牧場(そういう言葉あるんだ)の服部牧場が見えてきまして、ちょっと立ち寄らせていただくことに。

ここ、結構良かった。
何が良いって、過剰に観光客に媚びていないというか、案内や注意書きがとても少ない。
変なところに七面鳥がいたり、ヤギの子どもが逃げていたり(売店で餌が100円で売っている)
若干管理が適当な感じが、本当に牧場にお邪魔していると思わせてくれてワクワクします。

家業の観光業を引き継いでいる友人向けにあえて書きますと、
宮ヶ瀬ダム放水→服部牧場でBBQ&ジェラード→プレジャーフォレストで温泉
なんてルート、どうでしょう?町会ではなく、若い人向けでしょうかね。

いつも思うんだけど、人や動物に対して距離感が近すぎる、長女なんちゃん。

どこ行くかそろそろ決めます

もう旅は始まっているのですが、どこを目指して何を見る、どこに泊まる
ほとんど決まっていないので、そろそろ考えましょうね。
先程、「るるぶ」を注文しました。明日には届くとのこと。
ネットや通販が発達してくれたおかげで、いつもギリギリになるクセがついてしまいますな。

見たい所(興味ポイント)としては、

  • 津和野(男はつらいよのロケ地)
  • 出雲大社(しめ縄に小銭を指したい)
  • 鳥取砂丘(ラクダをみたい)
  • 秋吉台(洞窟が好き)
  • 広島原爆資料館(8月6日が原爆の日なので、間に合えばその日に)

といったところ。どこか、おすすめがあったら教えておくれでないでしょうか。

宿にしても、昨年は4人でコンパクトカー「FIT」に車中泊をして
散々コリたので、今年はなるたけ早めに予約しておきたいところ。
そもそも、「子連れ旅行なんだから、スケジュールを立てて全部予約してよね(怒)」
とか言わずに、忍者コスプレ姿の夫と娘を送り出しちゃううちの奥さんもどうかしていると思う。

2017年今年の夏休みは「津和野へ、忍びの旅」

学生時代から休みのたびに各地を渡り歩いてきた僕は、
結婚してからもやっぱり旅が大好きで、2013年から毎年8月には家族で長期の休みを取って旅をしています。

2013年北海道一周車の旅(道中長女一歳に)
2014年沖縄一周車の旅(毒ウミウシ捕獲)
2015年紀伊半島パンダを見る車中泊の旅
2016年四国一周車中泊の旅(4人家族で初)

そして、2017年は山陰地方の目指すは島根県津和野町です。
文京区にできた津和野町の観光案内所「T-space」と知り合ったご縁で津和野町を目指すことにしました。
とはいえ、「目的地」がないのが旅と旅行の違い、強いて言うなら、家が目的地。
帰宅するまでに、たくさん笑って、たくさん学んで、たくさん食べます。

PAGE TOP