ブログ

公設掲示板について【50/100】

4/21日に文京区議会議員選挙があります。
今回の公設掲示板は、205か所とのことです。

公設掲示板とは

このポスターの掲示版、公設掲示板と言って、選挙管理委員会が設置する公式なポスター掲示スペースです。
文京区内では、今回は205か所設置されることになっています。

およそ858人につき、1か所

文京区の現在の人口は約22万1千人、そのうち有権者は約17万6千人です。
205か所と言うことは、有権者およそ858人に1か所という計算になります。
1人が1か所を見るわけでも、また全員が掲示板を目にするわけでもないので
この数字に意味はありませんが、とにかく区内全域で、
出来るだけ広く目に触れるようになっています。

投票所は、26か所(住所で指定されています)

そして投票所は26か所設けられます。
ということは、こちらは、約17万6千人÷26か所
=約6769人に1か所の割合で設置されることになります。
※実際は、投票に行く方は約50%弱なので、
そのおよそ半分が足を運ぶことになります(前回結果より)

この公設掲示板へのポスター掲出は、4月14日の告示日以降手作業・・・!

複数の候補者を擁立する国政政党では、
1か所の掲示板に複数の候補者すべてを貼ってもらうため、
お手伝いの方の数が少なくて済むのです。

例えば、候補者が10人いる政党の場合、
1人のボランティアさんが10か所づつ担当するとして、合計20人のお手伝いがいればいい。
ということは、候補者一人に付き、2人のサポーターがいれば良い訳ですが、、、

無所属で挑戦の場合は、205か所貼ってくれるサポーターを
自分のネットワークで探さなくてはならないわけです。

そんな訳で、四苦八苦しています。

大きい団体や組織で運動をする候補者や政党に有利に作用しているポスター張りなのですが、
できないことを嘆いていても仕方ないので、これから準備しています。

4月14日、午前中だけ、ポスター張りのために、
どうかどうか、お力をお借りできないでしょうか。

ご連絡を、心からお待ちしています!!

PAGE TOP