ブログ

行政も一緒になって、起業家を応援?【63/100】

第一回文京区地域クラウド交流会に参加して、
プレゼンターとして舞台に上げていただきました。

地域クラウド交流会とは?

文京区で起業する起業家の応援を通じて地域活性化!

起業家のプレゼンだけではなく、同時に、
参加者同士の交流をはかりビジネスマッチングをはかる交流会型イベンです。
記念すべき文京区第一回目が開催されました。
当日は、文京区民センターの一番大きい3Aホールで開催され、
文京区長や、サイボウズの青野社長が参加され、
163名の参加者とともに、非常ににぎわっていました。

当日のプレゼン内容はこちら。

 

地域の起業家支援は必要?

営利を目的としている起業家の支援をなぜ行政が行うのか?
文京区役所の地下には経済課や同じフロアの中に
商工会議所があり、創業の相談に乗っていただくことができます。
文京子育て不動産でも、何社か、物件の仲介と合わせて、
創業融資やチャレンジショップ制度を紹介させていただきました。

  • 多様な働き方が生まれている中で挑戦者を応援する
  • 雇用確保、税収アップにつながる
  • 商店街や区内産業の活性化

といったようなことが考えられます。
私は、文京区で地域課題を解決するために創業し、
そしてその課題解決を生業にできる人(メシが食える人)を応援していきます。

Mさん、Sさんに感謝

会場で、創業当初から相談に乗ってくださっている
Mさんにお会いしました。
実は、何も久しぶりなどではなく、千石に
毎週通っていらっしゃるのでよく合うのですが、
改めて創業してもうすぐ5年がたとうとしていることに感謝の意を伝えることができました。

そして、「挑戦者である」ことを知ったうえで、
公の壇上に上げてくださったSさん、ありがとうございました。
Sさんの思いを汚さないよう、会場では最大限配慮いたしましたが、
何名かの方からは、「ポスターで見たよ」やら、
「頑張ってるね」だとかお声がけいただきました。

少しづつ、認知されてきているのだな、と嬉しい限りです。

PAGE TOP