ブログ

休足日。お爺ちゃん、ありがとう?【75/100】

今日は千石駅前で駅前の見守り活動。
「みどりーまんっ!」って、小学生たちが手を振ってくれるのが嬉しい。
午後は、スローダウン。

といっても、黄緑の服で子どもを連れていると、
「あ、たかはまなおきだ!」と、
地元の子どもたちから指をさされます。

いいぞいいぞ。私は、文京区で最も子どもたちと近い政治家であり続けます。

午後はスローダウン

お墓参り

午後から、母と祖母を連れて、5年前に亡くなった祖父のお墓参りに行ってきました。
3人目となる長男「てんてん」が、無事に生後100日を超えて、
すくすくと成長している感謝を伝えてきました。

普段身近に暮らしているけれど、一緒に歩いてみると
祖母の手はしわくちゃで、足元がおぼつかなくて、
手をしっかりつなぎながら、道路の凸凹がやけに気になって見えました。

足もみ庵

夕方からは、千石4丁目の頑固で丁寧なお蕎麦屋さん
「ひぃふぅみぃ」の地下で隠れ家的に営業している
足もみ庵に行ってきました。

休みなく活動していて疲れをためているのを見かねた妻が、
「明日行ってくるように!予約したから!時間厳守!」
と、強引にスケジュールを組んでくれたのでした。

「ここがゴリゴリしているわ。睡眠不足ね。」
「ここが痛いなら、疲れがたまっているサイン!」
「風邪を引いたら困る時期だから、リンパをしっかり流しておいたわ。」
と、とくにこちらが言わないのにズバズバと足もみ庵の女将が言い当てます。

父の貰い事故

足もみ中にガンガン電話が鳴るので、
なんだろう、誰かからクレームかしら?

と思って見たら、父が事故に遭ったという知らせでした。
運よく彼は無傷だったものの、車には深刻なダメージが・・・。
車3台、バイク1台が巻き込まれる多重事故で、現場検証に数時間、
現場で立ちっぱなしだったそうです。

たまたま同乗していなかった祖母

いつもは祖母が父の車に同乗して、
気分転換と同時に駐車違反対策をしているのですが、
たまたまこの日は、

「今日は、お墓参りに行きたい」

と、いったので、お墓まで私の車で連れていきました。
祖母が同乗していたら、おそらく事故の衝撃でどこか痛めていたでしょうし、
現場検証で体調を悪くしていたでしょう。
宗教として、霊的な力を信仰しているわけではありませんが、
お墓に引き寄せてくれた祖父に、
今そっと、深く感謝しています。

PAGE TOP